安全なものを

ドッグフードで歯にトラブルが起こることもある?

ドッグフードの与え方によっては犬の歯にトラブルが発生してしまうことがあります。
特に半生タイプになっているドッグフードの場合にはどうしても表面に歯垢が残ってしまいやすいそうです。
それでいて食感が肉に似ていることやにおいが感じられやすいことから、一度食べてしまうとドライタイプのドッグフードを食べなくなってしまうという犬もいます。
このように歯垢のつきやすいドッグフードを頻繁に食べている犬の場合、歯垢が原因になって歯周病になってしまいやすいということがあります。

歯磨きをすれば対策をすることもできますが、自分の歯磨きのようにこまめに行うこともなかなか難しいですし、どうしても犬の歯には歯垢がたまってしまいやすいのです。
歯垢がつきにくいドッグフードとしてはドライタイプのものがあげられます。
かたいドッグフードを噛むことで歯を研磨する働きがありますから、それによって歯垢をある程度落とすことができるのです。

しかし、それでも完全に落とせるというわけではありませんので、やはり歯磨きをしてあげることが大切なようです。
しかし、全ての犬が歯磨きをさせてくれるとは限りません。
中には歯磨きがとてもきらいで嫌がってしまうという犬もいます。

そうした場合には、歯磨き用のおやつなどを利用すると良いでしょう。
こうしたものを上手に利用すると、歯垢をきれいに落とすことができますしそれによって歯周病の予防をしていくということも同時に可能になっていきます。
ただし、おやつの食べすぎもまた健康に良いとは言えませんので適量になるように注意をしていかなければいけません。
歯が健康であることは健康な生活を送るためには必要不可欠です。

なぜなら、歯の状態が悪くなってしまうと思うように食べ物が食べられなくなってしまうからです。
それは人間だけでなく犬でも同じです。
しっかり食べて健康な生活を送るためには、丈夫な歯を保てるようなドッグフードの食べ方をしていくことが必要です。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.