安全なものを

添加物を使っていないドッグフード

添加物と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか?おそらくあまり体に良いものというイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。
中には加工品などを選ぶ時に品質表示を確認して添加物の有無を確認しているという人もいるかもしれません。
少なくとも人の食べるものに使われている添加物は安全性の確認がされているというふうに言われていますが、それでもそれが100%安全というふうには言えませんし、実際にそうした添加物が原因となって起こっていると考えられる不調もあります。

こうしたことは人に対してだけでなく、動物に対しても同じように起こります。
ですから、ドッグフードもやはり無添加のものを選ぶ方が良いと言えるでしょう。
体というのは毎日食べているものでできていますので、添加物が含まれているドッグフードを与え続ければそれだけ健康に害が及ぶ可能性も高くなってきます。
そのため、添加物を含まない安全なドッグフードを選ぶということはとても大切なのです。

しかし、添加物の含まれていないドッグフードを選ぶということは思いのほか難しいことでもあります。
市販のドッグフードにはよく「無添加」というような表示がされていることがありますが、そうした表示にはからくりがあるからです。
それはどういうことかというと、原材料そのものに添加物が使われている場合があるということです。
実は原材料に添加物が使われていたとしても、加工の段階で添加物が使用されていない場合には「無添加」になってしまうのです。

そのため、添加物の入っていないドッグフードを選んでいると思っていても実はそうではなかったということがあるのです。
そのため、ドッグフード選びの際には原材料についてもよくよく調べていく必要があります。
良い原料を使って作られている無添加のドッグフードは決して安いものではありませんが、愛犬の健康のことを考えた場合にはぜひ選びたいものと言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.