安全なものを

ペットがドッグフードを食べてくれないとき

犬にどんな食べ物を与えるのが良いのかということは色々な意見があるところです。
獣医師などの話によれば、犬の食事としてはドライタイプのドッグフードと水があれば充分というふうに言われています。
しかし、実際に犬を飼ってみると、なかなかドライタイプのドッグフードを食べてくれなくてそれが悩みになっているという飼い主が多いというのも事実です。

ドッグフードにも色々な種類のものがありますが、缶詰のタイプやジャーキーなどのおやつを知ってしまった犬は、なかなかドライタイプのドッグフードを食べてくれなくなってしまうと感じている飼い主が多いようです。
缶詰タイプやジャーキーなどはお肉のにおいを感じやすいですし、食感的にも犬が好むようになっているようなので、それを知ってしまうとどうしてもカリカリとしたドライタイプのフードを食べなくなってしまうようなのです。
もしも犬がドライタイプのドッグフードをなかなか食べてくれなくなってしまった場合には、ドライタイプのフードに缶詰などを混ぜて与えるようにして、徐々に混ぜる缶詰の量を減らしていくというのが良いでしょう。

最終的には缶詰無しでも食べられるようにしていくことがここでの目標です。
ただし、もしも缶詰など水分のあるドッグフードを混ぜると食べるという場合、歯が悪いというようなことも考えられます。
歯が悪くなってしまうとどうしてもドライタイプのフードは食べづらくなってしまいます。
缶詰の水分で少しふやけてくると食べやすいので、そのためドライタイプのものだけだと口をつけないということも考えられます。

こうしたことが考えられる場合には、獣医師に診察をしてもらうことも必要です。
また、時間がきたらエサをさげてしまうというのも1つの方法です。
ドライタイプのドッグフードのみを出して食べても食べなくても時間がきたらエサのお皿をさげてしまうようにします。
犬との根比べになってきてしまいますが、そのうちに「このエサしか出てこない」ということを学んだ犬はドッグフードを食べるようになっていくでしょう。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.