安全なものを

ドッグフードの賞味期限はどれくらい?

ドッグフードの賞味期限はあまり考えていないという方もいるかもしれませんが、よくよく見てみると非常に長い期間で設定されているものが多くなっています。
ドライタイプのものですと1年以上とか2年くらいの期間で設けられているものもとても多いのです。
しかもこうした長い賞味期限が設けられているドッグフードは、開封後も腐ったりカビたりしないことがほとんどです。

普通、食べ物は時間が経過すると腐ってしまいます。
保存する環境の条件によってはカビがはえることももちろんあります。
長期保存のできるタイプの食べ物であったとしても、開封した後は密封しておいたり冷蔵庫に入れたりして保管しできるだけ早く食べるということを心がけているはずです。
しかし、ドッグフードに関していうと、そこまで保存状態について気をつけなければいけないかというとそういうこともありませんし、開封後も腐ったりカビがはえたりせずに長期間の保存ができるというものがほとんどです。

これはどういうことかというと、ドッグフードには非常に多くの保存料や防腐剤・防カビ剤などが使用されているということにつながっていきます。
人間の食べ物に使用が禁止されているものや、量が制限されているものであったとしても、ドッグフードには平気で添加されている場合があります。
なぜなら、ドッグフードの原材料を規定するための法律というのは日本では無いからです。

そのため、賞味期限のあまりにも長いドッグフードや、開封した後も長期間そのままの状態が保たれているというようなドッグフードは、犬の健康のためには必ずしも良いというふうには言えないのです。
開封後にカビがはえたり腐ったりしてしまうドッグフードは一見品質に問題があるように見えますが、それは上記にあげたような危険な添加物が含まれていないことのしるしでもあります。
賞味期限は長い方が便利に感じますし、できるだけ長期の保存ができた方が経済的でもあります。
しかし、愛犬の健康ということを考えると、違った見方もあるのです。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.