安全なものを

動物病院のドッグフードは普通のものと違うの?

ドッグフードはホームセンターなどでも購入することができますが、中には動物病院で処方されるというケースもあると思います。
そうした処方されたドッグフードというのは、通常のお店で購入できるドッグフードとは違うものであるというふうに言うことができます。
ホームセンターなどの通常のお店で購入できるドッグフードというのは、健康な状態の犬が毎日のご飯として食べるものです。

このドッグフードは犬種や年齢などによってより向いているものがたくさんあるので、いくつかの種類の中から合っているものを選ぶようになります。
一方、動物病院で処方されるドッグフードというのは、病気などなんらかの原因で体調不良になってしまった犬のための食事です。
そのため、動物病院を受診したその犬のためのドッグフードということになりますから、余ったからといって他の犬にも与えて良いかというとそういうことにはなりません。

つまり、お店で購入できる普通のドッグフードは私たちの日常の食事、動物病院で処方されるドッグフードは栄養成分が専門家よって管理された病人食というふうに考えると良いでしょう。
また、動物病院では処方されるドッグフードとは別にドッグフードが販売されているという場合があります。
こうしたドッグフードの中には、原材料などに非常にこだわって作られているようなタイプのものもあります。

通常のお店で売っているドッグフードの中には非常に安価なものがたくさんありますが、よくよく見てみるとたくさんの添加物が含まれていたり原材料についての安全度に問題があるような場合があります。
動物病院で販売されているドッグフードの場合には、比較的高価なものが多いのですが、その分安心して愛犬に与えられるものが販売されていることが多いようです。
もしも現在愛犬に与えているドッグフードがいまいちだと感じている場合には、通っている動物病院でどのようなドッグフードを扱っているかということを問い合わせてみるのも良いでしょう。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.