安全なものを

海外のドッグフードについて

日本国内で製造販売されているドッグフードに関しては、実は原材料などを規制する法律がありません。
そのため、人間の食べ物には到底利用できないような原材料を使っていたり、食品に利用することを禁止されていたり分量が厳しく規制されたりしている添加物が大量に含まれているということがあります。
しかも品質表示についての規制も厳しくされてはいませんので、品質表示やパッケージを見ただけでは一見問題が無さそうに見えるというのもがほとんどになっています。

そのため、愛犬に安全なドッグフードを与えたいと考えている方の中には、きちんと規制の設けられている海外のドッグフードを与えたいと考えている方も少なくないでしょう。
しかし、そうした場合でも、きちんと選んでおかなければ大変危険なドッグフードを愛犬に与えてしまうことになりかねません。
こうした海外のドッグフードの中には、同じ商品であっても正規輸入品と並行輸入品が存在しています。

正規輸入品の場合には取引の分量が多いので大きな船に積まれて気温の高くならないルートを通って運ばれるというのが基本です。
そのため、国内で販売されるときには少々価格は高くなりますが、その品質はとても安定しています。
一方平行輸入品の場合には、同じドッグフードであっても少し安く購入することができます。

しかし、少量での輸入のことが多いので他の積荷と共に南ルートで暖かい場所を通ってくることも多いですし、国内に海外からの虫や植物が入り込むのを防ぐために毒性の強い化学薬品で薫蒸されてしまいます。
ですから、たとえ同じドッグフードで海外ではある一定以上の安全性が認められているものであったとしても、正規品と並行輸入品とでは私たちの手元にやってくるときの安全性には違いが出てきてしまうわけです。
せっかく安全性を求めて海外のドッグフードを選ぶのでしたら、きちんと正規品を扱っている業者で購入するというのが安全と言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.