安全なものを

ドッグフードは犬種によっても違うの?

犬と一口に言ってもその種類は様々です。
毛足の長いもの短いもの・体の小さいもの大きいもの・胴の長いものなど、それぞれに特徴があります。
そしてそうした身体的な特徴の違いによって必要になってくる栄養にも違いがあるというわけです。

必要な栄養が違うということは、当然与えるドッグフードにも違いが出てくることになります。
最近ではお店でも犬種ごとに違うドッグフードが販売されています。
例えばゴールデンレトリバー向けのドッグフードであれば、そのきれいな毛並みがしっかりときれいに保たれるような栄養の配合になっています。

毛並みというのは栄養バランスがちょうどよく保たれていてかつ健康であるほどきれいな状態が保たれますので、ゴールデンレトリバー向けのドッグフードでは健康状態を良好に保つために抵抗力を強化していけるような内容になっています。
また、ダッグスフンドは胴が長い独特の体型をしていますが、この体型であるがために肥満になってしまうと自分の体重を支えられなくなってしまいます。
そのため、ダッグスフンドのドッグフードは、体型・体重の維持をできるようにということと共に健康な関節や筋肉を形成していけるようなものになっているのです。

このように、同じように見えるドッグフードでも、その犬種ごとに必要としている栄養がきちんととれるような内容になっているものが販売されています。
また、犬種だけでなく、それぞれの犬の成長度合いによっても必要な栄養は違いますので、年齢などに合わせたドッグフードもあります。
そのため、大切な愛犬が健康に過ごせるようにするためには、最適な栄養になっている専用のドッグフードを選ぶことが大切というふうにもいえます。
きちんとそれぞれの犬に合ったドッグフードが選べていれば、ドッグフードと水だけで犬は充分健康に成長していくことができます。
それぞれの犬の特徴を踏まえたうえで、その犬種に合ったドッグフードを選ぶことは、犬の健康にとってとても大切なことなのです。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.