安全なものを

ドッグフードを猫が食べても大丈夫?

猫と犬を両方飼っているという場合、時に猫がドッグフードを食べていた!ということもあると思います。
猫がドッグフードをもしも食べていたとしても、それが少量でしかも習慣的に行われていることというわけでなければそう問題になることは無いでしょう。
なぜなら、ドッグフードに特別猫にとって害になるような成分が含まれているというわけではないからです。

しかし、もしも犬用・猫用と2種類のフードを購入するのが面倒なので、どちらにもドッグフードを与えているというような場合には猫の健康が心配です。
というのも、ドッグフードには猫に害になる成分は含まれていませんが、猫に必要不可欠のタウリンもまた含まれていないからです。
タウリンというのはアミノ酸の一種で魚介類に多く含まれているものです。

人間用の栄養ドリンクなどにも含まれている成分ですが、実はこれは猫にとっても絶対に必要なものなのです。
しかも猫は自分の体内でタウリンを生成することが全くできません。
しかし犬には必要の無い栄養なので、犬用に作られているドッグフードにはタウリンは含まれていません。

そのため、タウリンの含まれていないドッグフードを継続的に猫に与えるということは、猫の健康にとってとても危険なことと言えるのです。
もしもタウリンが不足してしまった場合、猫には視力の低下や失明・心疾患・繁殖や成長への害などが見られるようになってきます。
犬も猫もサイズが同じくらいの動物だから同じドッグフードを与えていたとしてもそれほど問題は無いだろう、というふうに考えている人ももしかするといるかもしれません。

しかし、実際には犬と猫は違う種類の動物です。
犬と人間とで必要な栄養が違うのと同じように、犬と猫とでも必要な栄養は違います。
そのため、やはり猫にはキャットフードを与えるのが一番適しているのです。
猫の健康のことを第一に考えるのであれば、ドッグフードを与え続けるという選択肢はそこにはありません。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.