安全なものを

種類別ドッグフードのすすめ

ドッグフード売り場を覗いてみると、実に様々な種類のものが販売されているのが分かります。
これだけたくさんの種類のものがあると、一体どのドッグフードを選んであげれば良いのだろうか?と迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
愛犬に一番よく合っているドッグフードを選ぶことは、健康に育っていくことに欠かせない要素の一つと言えるでしょう。

まずドッグフードには子犬用・成犬用・シニア用といった具合に年齢別で種類分けされているものがあります。
人間だって赤ちゃんと大人とでは必要としている栄養が違いますよね。
それと同じで犬も年齢によって必要な栄養が違うわけです。

子犬であれば最も成長していく時期ですから、多くのカロリーと栄養が必要になっていきます。
ですから子犬用のドッグフードは栄養価がとても高くなるように作られています。
成犬の場合には、一番体調が安定して元気良く遊べる時期ですので、やはりこの時期に合わせてたくさんのエネルギーを摂取できるようなドッグフードになっています。

そしてシニアになってくると、段々と新陳代謝も体力も落ちてきますので、それほど多くのエネルギーを必要としなくなってきます。
そのため、体に負担がかからず肥満などにもなりづらいような内容のドッグフードになっています。
それぞれの年齢で必要とする栄養が違うのですから、それに合わせたドッグフードを与えるのはとても理に適っているのです。
また、犬種ごとにも最適のドッグフードが作られていますので、そうしたものも上手に選んでいけると良いでしょう。

犬と一口に言っても犬種によって全く体格などが違ってきます。
大きな犬・小さな犬、毛の長い犬・短い犬、それぞれにみんな体つきが違うのですからドッグフードにも当然違いがあるはずです。
自分の愛犬の体調や年齢・体格などによってドッグフードを変えていくということは、犬の健康を考える際にとても理に適っています。
健康管理のためにもぜひドッグフードの種類を知って使いこなしていきましょう。

Copyright(C) 2013 愛犬の健康に All Rights Reserved.